読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Write off the grid.

阿部幸大のブログ

トマス・ピンチョン『ブリーディング・エッヂ』冒頭試訳

 二〇〇一年春の最初の日のこと、マクシーン・ターナウ(一部のシステムは未だに彼女の名をレフラーとしているが)は息子たちを学校へ送っている。まあ確かにもう付き添いが要るような年齢じゃないけど、親のほうがまだやめたくないっていうか、たった二、三ブロックだし、職場もこっちだし、楽しいし、ね?

 アッパー・ウェストサイド沿いにずっと植わったマメナシらしき木々は、一夜にして白い花をぱっと咲かせていた。マクシーンが見ていると、陽光が屋根の稜線と給水タンクを越えて四つ角まで届き、さらに一本の木に差し込むとその木が突如として光に満ち溢れる。

 「マム?」ズィギーがいつもの急いだ調子。「ねえ」

 「あんたたち、見てみ、あの木」

 オーティスはよく見てから、「ヤバいね、ママ」

 「悪くない」とズィグも同意。子供たちは先に進み、マクシーンはもう三〇秒くらい見つめてから追いつく。角に来ると彼女は反射的にすうっと子供と車道の間に入って、角を曲がるとき人に衝突するのを娯しみとするドライバーをマークする。

 東向きのアパートメントの窓に反射した陽光が、向かいのビルの正面に、ぼやけた模様を描き出し始めている。このルートでは新しい二連結バスが巨大な昆虫のごとく東西に這う。あちこちでシャッターが上げられ、朝のトラックは二重駐車し、ホースで自分のところの歩道を綺麗にしている人たちがいる。戸口のところで寝ている路上生活者、ビールやソーダの空き缶でいっぱいになった巨大なビニール袋をぶら下げ、それを換金しにマーケットへ向かう漁り屋、ビルの前で監督者が来るのを待っている作業員たち。信号が変わるのを待ちながら歩道のところで上下に跳ねているランナー。カフェでベーグル欠乏に対処する警官たち。車だったり歩きだったりの子供やら親やら乳母やらが、近所の学校を目指してめいめいの方向へ進んで行く。子供たちの半数は新品のレーザー・スクーターに乗ってるみたいだから、注意事項リストに〈滑走するアルミニウムによる不意打ち〉を追加。◆

 


    It’s the first day of spring 2001, and Maxine Tarnow, though some still have her in their system as Loeffler, is walking her boys to school. Yes maybe they’re past the age where they need an escort, maybe Maxine doesn’t want to let go just yet, it’s only a couple blocks, it’s on her way to work, she enjoys it, so?

This morning, all up and down the streets, what looks like every Callery Pear tree on the Upper West Side has popped overnight into clusters of white pear blossoms. As Maxine watches, sunlight finds its way past rooflines and water tanks to the end of the block and into one particular tree, which all at once is filled with light.

“Mom?” Ziggy in the usual hurry. “Yo.”

“Guys, check it out, that tree?”

Otis takes a minute to look. “Awesome, Mom.”

“Doesn’t suck,” Zig agrees. The boys keep going, Maxine regards the tree half a minute more before catching up. At the corner, by reflex, she drifts into a pick so as to stay between them and any driver whose idea of sport is to come around the corner and run you over.

Sunlight reflected from east-facing apartment windows has begun to show up in blurry patterns on the fronts of buildings across the street. Two-part buses, new on the routes, creep the crosstown blocks like giant insects. Steel shutters are being rolled up, early trucks are double-parking, guys are out with hoses cleaning off their piece of sidewalk. Unsheltered people sleep in doorways, scavengers with huge plastic sacks full of empty beer and soda cans head for the markets to cash them in, work crews wait in front of buildings for the super to show up. Runners are bouncing up and down at the curb waiting for lights to change. Cops are in coffee shops dealing with bagel deficiencies. Kids, parents, and nannies wheeled and afoot are heading in all different directions for schools in the neighborhood. Half the kids seem to be on new Razor scooters, so to the list of things to keep alert for add ambush by rolling aluminum.